ゲテモノから逸品まで 加納shop



Top > 和物 > 箱枕 > 台枕引き出し付き

台枕引き出し付き


台枕引き出し付き
台枕引き出し付き

日本髪の必需品、箱枕の台の部分です。
底が広めで安定感のある台枕。お好みでくくり枕おあげ枕と組み合わせてお使いください。

髪を結ってこれでぐっすり寝られるかというと、やはり慣れが必要ですが、ないよりはあったほうが横になれるので楽だと思います。
髪は結わないけど、テレビを観るのに便利で使っている、という強者も・・・・。

こちらは伝統工芸桐箪笥職人が作成した引き出し付きタイプ。とてもしっかりした作りです。
引き出しはどちら側からでも引き出せる現代的なデザイン。
昔は小判や鍵、大切なものをしまったという枕の引き出し。あなたは何をしまいますか?

ラッカー塗装仕上げ。
手作り品のため、仕上がりサイズに若干の誤差が生じる場合があります。

底面最大サイズ : 230mm*110mm
高さ : 105mm
日本製


台枕引き出し付き
59,400円
台枕引き出し付き
台枕引き出し付き
台枕引き出し付き

箱枕組み合わせ例

台枕+タオル

手持ちのタオルを丸めて。
お手軽です。タオルの大きさや枚数でボリュームも調節できます。
毛羽が髪に付くと手入れが大変なので、片面ガーゼのおぼろタオルなどがおすすめ。

また、台だけあれば近所のお布団屋さんで枕だけ作ってもらうこともできるようです。加納shopには籾殻入りのくくり枕しかないので、豆や綿、そば殻がお好みの方は自作orオーダーで自分枕をお作りになってください。

台枕+くくり枕

くくり枕をつけて。

いわゆる、「時代劇の枕」スタイル。
加納shopのくくり枕は籾殻入りで、あたりが柔らかい物です。使って中の籾殻がつぶれ、へたっていくほどに首に沿うのでおすすめ。

台枕+くくり枕&おあげ枕

くくり枕におあげ枕をのせて。
安眠追求型です。
てんちょが実際に使っているのと同じ組み合わせ。

幕末〜明治初期に撮られた写真の中にこのような四角い枕をくくり枕の上にのせて寝ているものがあったので作ってみました。油揚げっぽいのでおあげ枕と勝手に命名。正式な名称はあるのでしょうか。

制作当初はふとん綿入りだったのですが、今は更に寝心地アップの低反発ウレタン入り。

てんちょが実際に使っていて具合の良かった台枕を参考に木工屋さんにお願いして作っていただきました。
関東は頭が重いので、底の広い安定感のあるこの枕は理にかなっているかも?
いわゆる指物の仕立てではありませんが、実用に耐えると思います。あんまり安くはできなかったので申し訳ないのですが・・・。それでも良いよ、という方に。

てんちょ
 

copyright © 2007-2009 加納shop All rights reserved
東京都台東区浅草 5-69-9 1F E-mail: info2014@jeis-kanoh.co.jp Tel: 03-3876-0117